Cafe TANNE のコンセプト

奈良でCafe。

その夢を目標にしたのは私の人生で一番穏やかで幸せな気持ちで過ごした日々がCafeのキッチンだったから。
庭のハーブでサラダに彩を添えたり、夜中に何度も様子を見て発酵させた天然酵母のパンを焼いたり。
優しい気持ちに包まれたお店にはグランドピアノがあって時々弾いてくれるのがとても嬉しかった記憶があります。
その時の記憶が私を夢に引き寄せてくれたのかもしれません。

そうだ、奈良に帰ろう。
奈良でCafeを始めよう。
その夢に向かうことが私の心の支えでした。

 

 

人生の半分を過ごした戸隠は私の第二の故郷、そこで肌で感じて学んだのは生きる喜びでした。
毎日が感動と生きるための修行の繰り返しだったように思えます。

「命を頂きます」 そう戸隠で教わった本当の「いただきます」を娘に伝えたくて料理に夢中になりました。
四季の恵みを肌で感じつつ、貴重な山の幸を大事に大事に保存し厳しい冬に備える風習、
お婆ちゃんから子や孫に伝えられる昔ながらのおやきや蕎麦、こねつけ、野沢菜漬け・・・
地元の方に教わりながらあれもこれも作り続けているうちにこれが生涯の仕事になったらいいな、漠然とそう思うようになっていました。


行きあう人は皆顔見知りの戸隠、辛いことも楽しいことも分かち合えることを教えてくれました。
その居心地の良さを奈良でもう一度・・・

 

タンネに来ていただいたお客様に穏やかな時間と空間を、それが私の願いです。

 


タンネから奈良町、猿沢池、興福寺、東大寺、元興寺、春日大社、飛び火野、歩いて散策できます。
世界遺産そのものの奈良で夢のCafeをopenできたことを誇りに思います。